ただ巻き?ハヤマキ?スロージャーク?

ファストフリップは”超ハヤマキ”スイミングでの逃げる演出でのリアクションバイトが最大の武器ですが、ただ巻きやスロージャークもバッチリ気持ちよく動いてくれます。

先日の鹿児島湾口佐多岬沖のタイラバ出船、鹿児島湾の遊漁船船長7人で釣りに行きました。

平均水深100m/1.5kts.(無風、ドテラ流し)この日は1日通してスロージャークは全く当たらず、ハヤマキとゆっくりなただ巻きに魚のヒットが集中しました。船中最大のマハタもただ巻き、マダイも半数以上はジグをふらふら泳がすような”ゆっくりなただ巻き”が一番釣れていました。

ハヤマキには小さめのカンパチやソウダカツオが釣れていました、イメージではマハタはスロージャークに反応しそうなもんです。。

もちろん同じ佐多岬でも日によりポイントにより状況により違いますしどんな時も”ただ巻き”がベストとは言えません、各地域、魚の種類毎の釣り方を探してみて下さい☆

毎日のガイドを見ていての決定的な見解としてはマダイ相手にはスロージャークやハイピッチよりも”ただ巻き”が断然釣れています。

   
    
  
 
南からマダイの乗っ込み始まりました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です