”ファストフリップ”ファストジギングの定義

・フィッシュイーターの狩猟本能を最大限に刺激する”ファストジギング”   

 

ファストジギングとは…直訳すると速いジギング。
アクションのルーティンの中にファストリトリーブ=高速ハヤマキを織り交ぜてリアクションバイトを誘発するジギングの新釣法。

《概要》

ファストジギングを展開する中で意識したいのは、フラフラと時によろめきながらいつもより素早く必死に逃げるベイトフィッシュやイカが高速でスゥーっと逃げていく姿。

   

フィッシュイーターの目線になり狩猟本能を最大限に刺激される”追い込まれとっさに逃げるアクション”を演出しリアクションバイトを誘発する瞬間こそがファストジギングの真髄だ。

 

ファストジギング専用に開発”ファストフリップ”

  

 

我々ギアラボチームが世界中を釣り歩く中でアメリカ西海岸で出会ったイエローテイル(ヒラマサ)やアヒツナ(キハダ)を相手に現地のアングラーが絶大な釣果を叩き出すyo-yo jiggingにインスパイアされ様々な海でテストとセッティング繰り返し「ファストジギング」としての確立に至るまで各地で結果を出してきたファストジギング専用に開発された”ファストフリップ”。片面真っ平らな形状が産むフォールは派手な水平フォール、高速リトリーブでは見事にスイミング、ハヤマキで魚を狂わすアルティメイトウェポン。

  

と定義してみましたがまず現場で試してほしいファストフリップのルーティーン

1.フリーフォールによるスローフラットフォール….

(”落とすだけ”で綺麗な水平姿勢でゆっくりフォール、ユラユラと弱った獲物を演出)
2.ボトムを感じたら一気に回収並の高速タダ巻き!!!で見事にスイミング。

(”巻くだけ”でとっさに逃げる獲物を演出)

泳がせる高さは、状況にあわせて。何もヒントがなければ水深の三分の一程度

3.『ユラユラ落ちる〜高速で一気に逃げる』の動作を繰り返す

『巻き上げ後に一回フワッとジャークを入れて水平姿勢で食わせの間を作る』

『ボトムから離れない魚や速い動きに反応しない魚に対してはスロージギングのジャークアクション』

このルーティーンを繰り返し探り続ける、これだけでOKです。

ファストジギングでは、”遅〜〜〜い”動きと”速いっ!”動きの緩急を織り交ぜてヒットを産み出していく楽しさ。

それは巻くだけでも演出出来ますしジャークを入れても1日中気持ち良く使って頂けるスプーンシェイプのメタルジグです。
近日発売!!

ショアフリップも全色在庫揃ったみたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です