Mr.Cのマイクロフリップレポート”水深一桁のマダイを狙う”

【ユーザー様によるマイクロフリップのレポートです。】

  
『真冬のシャローを攻める!!』

いま、鹿児島では真冬のシャローのベイトパターンをキャスティングで狙うマイクロジギングが激アツです。
私の利用するgame boat日登美丸のガイドスタイルは、去年はマイクロフリップの発売前だったこともあり、小型タングステンジグを用いた釣りでメインは鯛ラバ混在ディープエリア。

一昨年は完全にディープエリア。

タイラバやインチクメインで1日に1枚上がれば御の字。

下手すれば、一日アタリが無いことも。

冬の北風に打たれ、鼻水垂らし、ひたすら耐える釣りのなかで、どうしたら釣れるのかを悩んだものです。

まあ、その状況で釣り上げる1枚も好きですがね(笑)

固定観念から言えば、水温が安定しているディープエリアが冬の定番でしたが、その観念を覆す現象が起こっています。

それがマイクロフリップによる水深一桁でのウルトラシャローエリアのベイト攻略です。

ベイトの魚種ははっきりとは分かりませんが、時期や場所を考えると、可能性が高いのはイワシ系。

凄いときはボトムからトップまで真っ赤になる反応。

  
 水深の有る所ではベイトボールになるのでしょうが、上と下が限られてるので潰れたベイトボールです。

トップまで反応が出ていても魚が何か判らない←見えない。

かなり小型のシラスサイズかと思われます。

そんなベイトパターンを攻略するにはマイクロフリップは打ってつけ。

固定観念を打ち砕く去年は出来なかった釣りが展開されています!

ただ、ノーマルではシルエットがどうしても大きすぎる感じもします。(フックのポラジックフィルムはジャコサイズでベイトサイズですね!)

そこで選択したのはポラジックフィルムネクタイ。
イレギュラーの乱反射とスカートの織り成すヒラヒラ感が群から離れた一部分のイメージです。

水深一桁から始め、20数メータ。固定観念からは釣れるわけ無いんですが、いきなり良型が船中で上がってます!
   
 期待が高まりますが、何故か自分は釣れません。

やっと釣れたのは10㎝程度の真鯛(笑)

それが今年初の魚。

その後もポツポツ釣れるが、サイズはイマイチ。

まあ、時期が時期ですから。

その後もベイトを追っかけ回し、ラストに行ったポイントは水深一桁の最初のポイント。

そして終了間際に小さなアタリ。

合わせを入れると、心地よくラインが出ていく。

ディープとは違い、ロッド立ててのやり取り。

ネットインまで油断できないラストラン。

シャローでのスリリングなファイトは楽しすぎます!

で、浮いてきたのは50㎝のマダイ。
  
浅場でのまぁまぁサイズ。

しかし、キャスティングのシャローは水圧でバテないので、ワンランク上の引きとラストランまでとても楽しませてくれました。

いま、シャローにいるベイト達も一月、二月となると成長し、ディープに落ちていくのでしょうが、そうなると今度は春ののっこみ。

サイズもより一層期待できそうな時期は目前まで来てますね!

  
タックル

ロッド マイクロジギングGR73

リール ダイワ ルビアス 2510PE-H

ライン EXXA 0.3

リーダー フロロ3号

ルアー  マイクロフリップシルバー35g ポラジックフィルムネクタイフック

ps.仕留めたマダイの歯は牙の様に鋭くバリバリのフィッシュイーターでした。
  
ポラジックフィルムネクタイはこちらでお求め頂けます↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です